気になる!子どもの友だち関係

クリップ
クリップ

2018/05/19

出典:すくすく子育て[放送日]2018/05/19[再放送]2018/05/26

友だちと一緒に遊べないけど大丈夫? 友だち同士のトラブルに親はどう対応すればいい?
そんな、子どもの友だち関係について考えます。

専門家:
岩立京子(東京学芸大学教授 発達心理学 幼児教育)
大豆生田啓友(玉川大学教授 乳幼児教育学)

子どもの友だち関係で気をつけるポイント

「友だちと遊ぶ」には、いろいろな部分の発達が必要

岩立京子さん親は、「子どもは仲よく遊ぶもの」と考えがちです。でも、仲間に入ったり、遊び続けたりするのは、いろいろな部分が発達していないと難しいことなのです。おおよそ3~5歳にかけて、友だちと関わることができてくると考えてください。
(岩立京子さん)

子どものタイプに合った関わりを

大豆生田啓友さんもともと社交的な子もいれば、自分の世界で遊ぶ方が得意な子もいるように、それぞれの子どもによってタイプが違います。子どものタイプに合った関わり方をしましょう。
(大豆生田啓友さん)

友だちとうまく遊べない。どうすればいい?

友だちとのトラブル。親はどう対応する?

友だちが「かわいい」と言ってくれる服を着たがる。人の目ばかり気にする子にならない?


すくすくポイント

お友だち意識調査「お友だちのこと、どう思ってる?」


こちらもおすすめ!

PR

×     閉じる