名探偵になれる “考える” 絵本【親子で楽しむ絵本2017年12月号】

クリップ
クリップ

2017/12/12

絵本を楽しむ親子

絵本の中で、探しものをしたり、何が隠れているのか考えたりすることが、子どもは大好きですね。そこで今回は、名探偵になった気分で読んでほしい絵本を集めてみました。さあ、ちびっこ探偵の出番ですよ!


くまくんのパーティー準備を手伝ってあげよう!

どこかな あるかな さがしてね くまくんのクリスマス

作・絵:ゲルゲイ・ドゥーダース
訳:小林晶子
出版社:岩崎書店

小さなお子さんでもママやパパと絵探しを楽しめる、クリスマスシーズンにぴったりの1冊が新しく登場しました。クリスマスパーティーにお友だちを招待した、くまくん。朝目が覚めて、今日がその日だったことを思い出します。大慌てで準備するくまくんといっしょに、パーティーに必要なものを探してあげてください。ほのぼのとしたイラストがとってもかわいいです。


なにがあったと思う? 親子で推理!

このあいだに なにがあった?

作:佐藤雅彦+ユーフラテス
出版社:福音館書店

ページに並んだ2つの写真。見比べてみたとき、さて「この あいだに なにが あった?」と問いかける写真絵本。大人は上手く正しく説明しようとするかもしれませんが、子どもたちの想像はもっと自由! 思いがけない珍回答が返ってくることがとても楽しいです。推理しながら会話もきっとはずむことでしょう。


めくってみたらコロちゃんいるかな?

コロちゃんはどこ?

作・絵:エリック・ヒル
訳:まつかわまゆみ
出版社:評論社

ごはんの時間なのに、ちっとも見当たらない子犬のコロちゃん。どこへ隠れてしまったのか、コロちゃんのママといっしょに探してみましょう。ドアのうしろに隠れているかな? ピアノの中にいそうだね?など、お子さんに声をかけて、しかけをめくってもらってくださいね。探す絵本デビューにぴったりのやさしい絵本です。


かくれんぼするものよっといで!

もりのかくれんぼう

作:末吉暁子
絵:林明子
出版社:偕成社

最後に紹介するのは、子どもたちの大好きなかくれんぼの話。公園からの帰り道、迷い込んだ森の中でどうぶつたちとのかくれんぼが始まります。森の枯れ枝のあいだをじっと見つめると、あれれ?動物たちがそこかしこにいるではありませんか! 幻想的なストーリーと探す楽しみ、ふたつのワクワクが味わえる1冊です。


おしゃべりがままならない年頃から、うちの娘は探す絵本、とくに『もりのかくれんぼう』が大好きでした。ママがヒントを出しながら、見つけられると小さな指をさして、本当にうれしそうでした。
親子でいっしょに考え、うれしくなれるのが「考える絵本」。ぜひ、みなさんもお子さんとお楽しみください!


この本を選んだ人

 
よこやま地域文庫で活動する絵本好きな母のもとに育ち、サラ・ミッダの絵本『おとなになること』にあこがれて美大へ進学。イラストレーター&ライターをしながら、自身の出産後は日々子どもとの絵本読み、絵本作りを楽しんでいる。

たくさんの絵本に親しんだ経験から、心に響く作品をセレクトして紹介します!


▼こちらの記事も併せてご覧ください。

赤ちゃんの五感を刺激する絵本【親子で楽しむ絵本2017年11月号】


じぶん・ともだちを考える絵本【親子で楽しむ絵本 2016年11月号】

こちらもおすすめ!

PR

×     閉じる