一日中だっこで大変!疲れにくい工夫は?

クリップ
クリップ

2016/04/23

出典:すくすく子育て[放送日]2016/04/23[再放送]2016/04/29

7か月になる息子は、体重が8キロあるのですが、息子が喜ぶため、「たかいたかい」をしたり、がんばってだっこしたりしています。寝かしつけるときもだっこし、降ろすと泣いてしまうため、お昼寝の間もずっとだっこしていることが多いです。そのため、体に疲れがたまり、肩などは本当に凝っています。マッサージや岩盤浴でほぐしたいのですが、子連れでは行くことができないため、なかなかほぐす機会がありません。
疲れにくくなるような工夫ができるのでしょうか?
(7か月の男の子を持つママより)

だっこの仕方を工夫する

加藤 祐見江さん回答:加藤 祐見江さん

だっこをするときに、右側だけでなく左側も使うなどして、片方の腕だけに負担が偏らないように工夫するといいと思います。例えば、いつも赤ちゃんの頭を腕に乗せている場合は、肩に乗せてみるなどして、楽になる抱き方を見つけていけるといいと思います。

しかし、育児は24時間労働のため、本当に体がつらくなってしまったときは、自分で休憩時間を作って、体のメンテナンスやストレスを解消することも大切だと思います。


正しいだっこの仕方は?

だっこばかりしていると抱きぐせがつく?

だっこのときに赤ちゃんを揺らす加減は?

泣かせたくないから、ずっと「だっこ」。つらいと思うときはどうすればいい?

「だっこひも」は子どもの体に負担がある?


古武術的 体の使い方「ラクちんだっこ」

古武術の動きを活用した「楽になるだっこ」のヒントをご紹介!

こちらもおすすめ!

PR

×     閉じる