だっこばかりしていると抱きぐせがつく?

クリップ
クリップ

2016/04/23

出典:すくすく子育て[放送日]2016/04/23[再放送]2016/04/29

子どもが泣いたらすぐだっこしてしまうため、だっこが習慣になっています。
だっこばかりしていると、抱きぐせがついてしまい、わがままになったり、自立が遅れたりするのかと心配です。

「抱きぐせ」ではなく「だっこ好き」

加藤 祐見江さん回答:加藤 祐見江さん

抱きぐせに関する相談はとても多いですね。
赤ちゃんが泣いたから、泣き止ませるために抱くことで、「抱きぐせ」がついたのではなく、「だっこ好き」な赤ちゃんの個性と捉えてください。だっこが好きだから、だっこを泣いて求めているのです。そのため、わがままになったり、自立が遅れたりする心配をしなくても大丈夫です。
だっこは、安心感と信頼関係を育むものです。赤ちゃんが泣いて、だっこを求めるのであれば、だっこしてあげましょう。
「抱きぐせ」を気にせず、赤ちゃんが泣いたら、時間がある限り、だっこしてあげてください。

「わがままになってしまう」などの心配は赤ちゃんがもう少し大きくなってから

加部 一彦さん回答:加部 一彦さん

「わがままになってしまう」や「自立が遅れる」などの心配は、赤ちゃんがもう少し大きくなってからの問題です。
赤ちゃんのうちは、だっこしてスキンシップをとってあげるのが一番いいと思います。


正しいだっこの仕方は?

だっこのときに赤ちゃんを揺らす加減は?

一日中だっこで大変!疲れにくい工夫は?

泣かせたくないから、ずっと「だっこ」。つらいと思うときはどうすればいい?

「だっこひも」は子どもの体に負担がある?


古武術的 体の使い方「ラクちんだっこ」

古武術の動きを活用した「楽になるだっこ」のヒントをご紹介!

こちらもおすすめ!

PR

×     閉じる