けんしょう炎の対策は?

クリップ
クリップ

2014/05/03

出典:すくすく子育て[放送日]2014/05/03[再放送]2014/05/09

子どもは今11か月で、抱っこや授乳の影響か、けんしょう炎のような痛みがあります。けんしょう炎にならないための予防法や良い対処法はありますか?

骨や関節のトラブルも女性ホルモンの影響

7430回答:笠井靖代さん
女性ホルモンは骨や関節を守る働きがあるので、けんしょう炎も産後のホルモンの低下が影響しています。授乳のときなど、同じ動作を続けることで同じ負担をかけてしまうことが原因なので、姿勢を見直したり、痛む部位を休めるようにしましょう。また授乳中でも病院で処方される痛み止めの飲み薬や湿布薬は使っても大丈夫です。症状が重いようであれば整形外科などを受診してください。

パパも手助けを!

4593回答:市川香織さん
けんしょう炎に悩むママはとても多いですね。赤ちゃんが大きくなると負担はさらに増えてしまうので、授乳のときにクッションを使うなど抱き方を工夫することも必要です。またママでなくても出来るところは積極的にパパに手伝ってもらうことも大事だと思います。


疲れやすくなったのはなぜ?

体型、どれくらいの期間で戻せばいい?

こちらもおすすめ!

PR

×     閉じる