想定外の事故、どうすればいい?

クリップ
クリップ

2014/01/11

出典:すくすく子育て[放送日]2014/01/11[再放送]2014/01/17

2歳10か月の娘はとても好奇心旺盛! いろんなものを鼻に入れて遊んだりするので困っています。以前は枕のスポンジを小さくちぎって自分の鼻に詰めてしまったことがあり、耳鼻科で取ってもらう事態になりました。防ぐにはどうしたらいいですか?

鼻や耳にモノを入れたがる時とは

回答:草川 功さん

小さな子どもは手持ちぶさたになったときや緊張しているときに、鼻や耳などの穴に、指やものを入れたがる傾向があります。

身の回りの小さなモノに気をつけて

回答:日沼 千尋さん

おもちゃのブロックの小さなピースやボタン電池、付箋など、小さなモノはすべて、鼻やのどに詰まらせる危険があります。大人が飲む薬や、薬の容器にも注意が必要です。またうっかり見落としがちなのが、マヨネーズの内ぶたや調味料の中栓など。味がついているので、なめている内にのどに詰まってしまうこともあります。 食べ物では豆類、特にピーナツが危険です。鼻や口から肺に入ると重い肺炎になることがあるので気をつけてあげてください。また大人が見ていないときに異物を入れていることもあります。 寝ているときに呼吸が苦しそう、いつもと違ういびきをかく、黄色っぽく濃い鼻水が長引く、急によだれが多くなる、などいつもと違う様子がある場合は要注意です。

こちらもおすすめ!

PR

×     閉じる