むし歯ゼロ大作戦!(はじめての歯磨き)

クリップ
クリップ

2

2015/06/01

出典:まいにちスクスク[放送日]2015/06/01[再放送]2015/06/08


はじめての歯磨き〜乳歯の生えはじめのケア

生えたばかりの小さなかわいい歯。むし歯からしっかり守りたいですよね。今日のテーマは、はじめての歯磨きです。


top_20121105

講師:倉治ななえ(日本歯科大学附属病院 臨床教授)
乳歯の生えはじめからイヤイヤ期、永久歯への生え変わりまでは、子どもの歯にとってとても大切な時期。日常のケアを万全にして、むし歯ゼロを目指しましょう!

歯ブラシに慣れさせる

20121105_01離乳食がスタートしたら、歯ブラシを使った歯磨きをはじめるタイミング。赤ちゃん用の歯ブラシと、仕上げ磨き用の歯ブラシを準備します。まずは赤ちゃんが歯ブラシに慣れることが大切。赤ちゃん用の歯ブラシを手に持たせて、自分で口に入れてモグモグしたら、はじめての「自分磨き」は合格です。

はじめての仕上げ磨きは「歯1本1秒」

20121105_02仕上げ磨き用の歯ブラシを鉛筆のように握り、短めに持ちます。歯ブラシの先の方3列目くらいを歯の上からかぶせて、軽く3回ほど円を描くように動かしましょう。歯1本あたりおよそ1秒で終了。

子どもが慣れたら表と裏を1本ずつ

20121105_03歯ブラシの先のほうを使い、こまかく横に動かしながらまず表側を磨きます。次に裏側は、歯ブラシを縦に入れて磨きましょう。ポイントはゴシゴシ強く磨かないこと!

歯磨きのあとに授乳したらむし歯になる?

プラークが付いていないきれいな状態の歯は、母乳の乳糖が口の中にあってもむし歯になりません。寝かしつけるときに母乳をあげるなら、その前にきちんと歯磨きをしておきましょう。

まずは、子どもが歯磨きを好きになることが大事。この時期に歯磨きの習慣をつけて、一生の宝物となる歯を守ってあげてくださいね。


同じ週に放送された番組記事

こちらもおすすめ!

PR

×     閉じる