お友だち意識調査「お友だちのこと、どう思ってる?」

クリップ
クリップ

2018/05/19

出典:すくすく子育て[放送日]2018/05/19[再放送]2018/05/26

子どもたちにとって、“お友だち”はどんな存在なのでしょうか?
幼稚園に通う4歳から6歳の子どもたちに、お友だちのどんなところが好きなのかを意識調査をして、岩立京子さん(東京学芸大学教授 発達心理学 幼児教育)にお話しを伺いました。

4歳の子どもたち

― お友だちの、どういうところが好きですか?

・お顔が好き
・ニコっとするところが好き
・登るところが好き

岩立京子さん4歳の子どもたちは、友だちの「目に見える特徴」を好きな理由にあげています。
この時期は、人と同じことができればうれしいのです。
(岩立京子さん)

5歳の子どもたち

― お友だちの、どういうところが好きですか?

・2人でいっしょに遊ぶのが好き
・遊ぶところが好き

岩立京子さん5歳の子どもたちは、一緒に遊ぶ子が“友だち”になります。気の合う友だちができて、その子と遊ぶ時間が大事になりはじめる時期です。
(岩立京子さん)

6歳の子どもたち

― お友だちの、どういうところが好きですか?

・おもしろいところが好き
・やさしくて、ときには強くて、なんかかわいいし大好き
・かわいいし、すごくやさしくしてくれるから

岩立京子さん6歳の子どもたちは、友だちの「個性や性格」が好きという感情が出てきます。「この子と遊びたい」気持ちが強まってくるのです。
(岩立京子さん)

友だちを好きな理由は、目に見える特徴から、一緒に遊べること、性格や個性などの内面に変わっていくんですね。
子どもの成長に合った友だち関係を見守ってあげましょう。



友だちとうまく遊べない。どうすればいい?

友だちとのトラブル。親はどう対応する?

友だちが「かわいい」と言ってくれる服を着たがる。人の目ばかり気にする子にならない?


こちらもおすすめ!

PR

×     閉じる