授乳を続けることでお母さんの体に影響はある?

クリップ
クリップ

2016/07/02

出典:すくすく子育て[放送日]2016/07/02[再放送]2016/07/08

インターネットや本で、授乳を続けると、「妊娠しづらくなる」「将来、骨粗しょう症になるリスクが高くなる」ということを見たことがあるのですが、本当なのでしょうか?
(1歳1か月の男の子をもつママより)

笠井 靖代さん回答:笠井 靖代さん

妊娠しづらくなるという件についてですが、20代~30代前半で自然妊娠された方は、授乳中であっても半年~1年ほどで生理が再開することが多いです。生理が再開すれば、排卵も始まります。また、子どもが1歳ぐらいになると、離乳食も進むため、乳汁の分泌も減ってきます。そうすると、再び自然に妊娠します。
高年齢の方や、出産から1年以上経っても生理が再開しない場合は、個別に医師に相談してください。

骨粗しょう症になるリスクが高くなるという件については、確かに授乳中は一時的に骨密度が低下すると言われていますが、生理が再開すれば元に戻ります。
しかし、生理が1年以上再開しない場合は注意が必要です。


おっぱいが大好きで離乳食が進まない!卒業するべき?

夜のおっぱい、どうしたらやめられる?

おっぱいの卒業による子どもの心への影響は?


すくすくポイント

授乳期の赤ちゃんの虫歯予防

おっぱいやミルクで虫歯になる??授乳期赤ちゃんの虫歯予防のポイント!


これも知りたい!

親の希望で、おっぱいを長くあげるのは良くない?

こちらもおすすめ!

PR

×     閉じる