昔と今の子育ての常識の違いはどのように伝えればいい?

クリップ
クリップ

2015/11/21

出典:すくすく子育て[放送日]2015/11/21[再放送]2015/11/27

下の子は離乳食が始まりました。むし歯にならないように気をつけて食事をさせています。
上の子のときに、じいじが自分の口に入れたものを、息子に与えていたのですが、昔と今の子育ての常識は違います。
どのように伝えればいいのでしょうか?
(4歳の息子と6か月の娘をもつママより)

専門家や育児書など誰かの力を借りて伝える

大日向 雅美さん回答:大日向 雅美さん

育児書を見せたり、「保健所の保健師さんがこう言ってます」と言ったりして、伝えてみてください。
ママだけが思っているのではなく、「この本でこんなことが言われているんです」と、誰かの力を借りて伝えると、聞き入れてもらいやすくなります。
しかし、それでもじいじ・ばあばに断られることもあるかと思いますが、嫌なことは嫌だとしっかり伝えましょう。「これを言ったら嫌われるかもしれない」と思わずに、裸の心で飾らずにぶつかってください。

じいじ・ばあばとの関係は、子どもを介して考えることが多いですが、「あのドラマがおもしろいですよ」「新しい髪型すてきですね」と子育てに関係のない会話をしたり、悩み事の相談をしたりと、育児以外のことでも関係を築いてください。
人間関係の基礎を作って、信頼しあえる仲になると、子育ての方針に関する話もより聞いてもらいやすくなると思います。


ママのつらい気持ちはどのように伝えればいい?

子育てに対する考え方の違いはどのように伝えればいい?

ばあばに甘えすぎない上手な頼り方は?

じいじ・ばあばとうまく付き合っていくためのポイントは?

こちらもおすすめ!

PR

×     閉じる