救急車が来るまでにできることは?~子どもへの声かけ~

クリップ
クリップ

2

2015/08/29

出典:すくすく子育て[放送日]2015/08/29[再放送]2015/09/04

以前、息子が熱性けいれんを引き起こしたときに、近所の人に救急車を呼んでもらったことがあります。しかし、救急車の到着を待っている間、とても慌てていて何をすればいいのかがわかりませんでした。救急車が来るまでに親ができることはあるのでしょうか?

まずは子どものそばで声をかけながら、そばで様子を見る

日沼 千尋さん回答:日沼 千尋さん
救急車は要請があってから到着までに、平均的に8分30秒後に現場に到着するというデータがあります。
その間は、子どものそばにいて様子をきちんとみていることが大切です。

例えば、熱性けいれんの場合は、症状が落ち着いていたら、「びっくりしたね」と子どものそばで声をかけて、子どもを安心させてあげてください。
そして、再びけいれんが起きていないかなど、子どもの様子に変化がないかをしっかりと見てあげましょう。

おう吐している場合は、汚れているところをきれいに拭き、けがをして出血している場合は、止血をしてあげましょう。

また、子どもが呼吸しやすいように、からだの位置を調整してあげましょう。

どのような状況でも、子どものそばで声をかけながら、様子をみてあげるようにしてください。


救急車を呼ぶかどうかの判断基準は?

頭を強打した場合は、どのような状態だと救急車を呼ぶべき?

けいれんを起こした場合は5分間様子を見るべき?

救急車はなるべく呼ばない方がいい?

救急車が来るまでにできることは?~子どもへの心肺蘇生のやり方~

こちらもおすすめ!

PR

×     閉じる