窒息に関するヒヤリ・ハットは?

クリップ
クリップ

2016/09/03

出典:すくすく子育て[放送日]2016/09/03[再放送]2016/09/09

※生まれてから、生後4か月ごろまでの赤ちゃんの事故死で、一番多いのが窒息です。

ママの体験談

5か月になり、寝ている間に寝返りができるようになった娘。
寒いだろうと思ってタオルをかけてあげたのですが、目を離したすきに、タオルが顔にかかっていたので、すぐにはぎとりました。
おそらく自分で足をバタバタさせたので、タオルが顔にかかったのだと思います。
これが2回ほどあったので、これはまずいと思い、タオルなどの顔にかかって窒息するようなものは置かないようにしました。
でも、寝返りができるようになったため、夜のうつぶせ寝が心配です。

山中 龍宏さん回答:山中 龍宏さん

人口動態統計という死亡統計を見ると、日本では、年間70~80人のお子さんが、窒息でなくなっています。
窒息の原因としては、「吐いたミルクを詰まらせる」「布団などで顔を覆ってしまう」などが報告されています。

■対策
やわらかい布団はなるべく避けた方が良いです。
頭の周りに口を覆うような、スタイやぬいぐるみなどは置かないようにしましょう。

また、夜のうつぶせ寝が心配とのことですが、毎晩うつぶせになったお子さんを、あおむけにさせてあげることはとても難しいです。
硬めの敷き布団を使用するなどして、口を覆うようなものを頭の周りに置かないようにしていけばいいと思います。

■危険な状態の見極め方法
息をしているかのチェックはもちろん大切ですが、顔色も見るようにしてください。
窒息の場合は、顔色が青い、または白いです。
そのような場合は、119番をしてください。


転倒・転落に関するヒヤリ・ハットは?

赤ちゃんのための製品で危ないことがあったときは?

誤飲に関するヒヤリ・ハットは?

ヒヤリ・ハットを防ぐために大切なことは?


すくすくポイント

死に至る可能性や重症につながるヒヤリ・ハットは?

こちらもおすすめ!

PR

×     閉じる