子どもが注意を無視するのは親のまね?

クリップ
クリップ

2016/07/16

出典:すくすく子育て[放送日]2016/07/16[再放送]2016/07/22

イヤイヤを放っておく対応をしました。すると、それが裏目に出たのか、私のいうことを無視するようになってしまいました。私の対応を見て、嫌なことがあったら無視をすると学んでしまったのかと不安です。
 
例えば、食事中、椅子に足をあげていたので、足をおろしてと言ったのですが、無視をされます。
 

 
(2歳10か月、3か月の男の子をもつママより)

子どもが影響を受けるのは親からだけではない

坂上 裕子さん回答:坂上 裕子さん

お父さん、お母さんは、自分の対応を子どもがまねしていると考えがちです。確かに、子どもは親からの影響を受けますが、影響を受けるのは親からだけではありません。成長の過程で親が教えていないことをやったり、覚えたりすることもたくさんあります。そのため、自分の行動が子どもに影響することを、考えすぎなくてもいいのかなと思います。

また、子どもは無視しているわけではないかもしれません。子どもは何かに集中しているときに、横から声をかけられると、声をかけられていることはわかってはいるけど、今やっていることをやりたい、そっちに集中したい、という気持ちが勝ってしまい、しっかり返事ができないこともありますよ。


イヤイヤ期、親の対応法は?

イヤイヤ対策のために、子どもの競争心をあおっていいの?

イヤイヤ期に厳しく対応すると、将来悪い影響ある?

イヤイヤの対応としての“共感”はどこまでしてあげればいいの?


すくすくポイント

イヤイヤ期の子どもへの専門家の対応法

「園に行きたくない!」イヤイヤ期の子ども、専門家ならどう声かける?


これも知りたい!

虫を殺したり死なせたりする子ども、どうしたらよい?

こちらもおすすめ!

PR

×     閉じる