イヤイヤ対策のために、子どもの競争心をあおっていいの?

クリップ
クリップ

2016/07/16

出典:すくすく子育て[放送日]2016/07/16[再放送]2016/07/22

2歳の女の子の場合

<ねんねイヤ!>
「ねんねしない!」「まだ遊びたい!」と寝るのを拒否するイヤイヤ。
「お片づけしてねんねしよう」と声をかけると、自分でおもちゃを片づけながらも泣きながらイヤイヤします。


⇒そのときのママの対応
娘は寝る前に必ずトイレに行くのですが、「トイレに行かない!」とイヤイヤします。
そのようなときは、「ママが先にトイレに行っちゃうよ」とトイレの方に行くと、「だめ!私が先!」と押しのけてトイレに行ってくれます。
他にもお着替えをしないときには「妹とどっちがはやいか」と競争心をあおるとやってくれることもあります。

⇒そんなママの悩みは?
イヤイヤ対策として競争心を利用しているが、自分が1番にならなきゃダメだと思ったり、他人を押しのけるような子にならないか心配です。

魅力的な見通しを提示する

大豆生田 啓友さん回答:大豆生田 啓友さん

寝なきゃいけないことをよくわかっているから、片づけてはいる。
でも寝たくないという気持ちもある。
お子さんは自分の気持ちと葛藤しているのです。
このようなときは、魅力的な見通しを提示してあげるといいかと思います。

例えば、「寝る前には何の絵本がいいかな」というように、寝る前にも楽しいことがあると伝えてあげると、子どもが気持ちを切り替える良い後押しになるかと思います。

さまざまなイヤイヤ対策のひとつなら問題ない

坂上 裕子さん回答:坂上 裕子さん

イヤイヤの様子を拝見すると、お子さんがイヤイヤしているときに、お父さんがずっとお子さんの背中をさすってあげていました。
イヤイヤをしている子どもは、心の中で戦っています。
そのようなときに、体に優しく触れてもらえると、「自分は支えてられている」と子どもが安心できるので、とてもステキな対応だと思います。

競争心を利用することを気にされていましたが、あまり気にしなくても大丈夫です。
親は、大人の都合で、いつも子どもの要求に付き合うことはできません。
そのため、あの手この手で、さまざまなイヤイヤへの対応を考え出していくことが大切です。
さまざまなイヤイヤ対策のひとつなら、競争心を利用するという手段も問題ないかと思います。

その他のイヤイヤの様子

1歳11か月の男の子の場合

<野菜イヤ!>
好きなものだけ食べて、ニンジンを食べたくないと必死に抵抗するイヤイヤ。
あまりに必死に訴えるわが子に思わずママが笑ってしまうと、ママの笑いにつられて笑顔を取り戻していました。




イヤイヤ期、親の対応法は?

イヤイヤ期に厳しく対応すると、将来悪い影響ある?

子どもが注意を無視するのは親のまね?

イヤイヤの対応としての“共感”はどこまでしてあげればいいの?


すくすくポイント

イヤイヤ期の子どもへの専門家の対応法

「園に行きたくない!」イヤイヤ期の子ども、専門家ならどう声かける?


これも知りたい!

虫を殺したり死なせたりする子ども、どうしたらよい?

こちらもおすすめ!

PR

×     閉じる