子どもは「め!」という言葉の意味をどこまで理解しているの?

クリップ
クリップ

2016/03/26

出典:すくすく子育て[放送日]2016/03/26[再放送]2016/04/01

子どもがいたずらをしたときに、「め!」と言って叱っています。子どもは「め!」の意味が分かるのか、いたずらをやめて、こちらの様子を伺うような表情をすることがあります。子どもは、「め!」という言葉の意味をどこまで理解しているのでしょうか?
(10か月の男の子をもつママより)

何度も「め!」という言葉を聞く度に、意味を理解できるようになっていく

榊原 洋一さん回答:榊原 洋一さん

子どもは、何度も同じことを「見る」、「聞く」ことで、習慣を身に着けていくため、「め!」と叱られる度に徐々に言葉の意味を理解しているのだと思います。
その理由は、「愛着関係」にあります。子どもには、自分のことを世話してくれる人、特に母親に対して、「好かれたい」という気持ちがあります。これによって、子どもは、母親の表情を一生懸命見て、様子を伺うようになります。今回の場合は、いたずらをして、「め!」と叱った母親の表情や、強い口調から、子どもは、「いたずらをすると、大好きなママが怒る」と認識し、理解するようになっているのだと思いますよ。


自分ではできないけど、やり方を理解しているのはどうして?

おしゃべりは早い時期から教えた方がいいの?

こちらもおすすめ!

PR

×     閉じる