家族間での感染を防ぐには?

クリップ
クリップ

2015/07/11

出典:すくすく子育て[放送日]2015/07/11[再放送]2015/07/17

5歳の息子、3歳の娘、5か月の娘と3人の子がいる5人家族です。
我が家では昨年、「手足口病」「水ぼうそう」「インフルエンザ」と多くの感染症にかかり、それぞれ家族内でも感染しました。
感染症を予防するため、予防接種を受けたり、家族の誰かが感染症にかかるたびに部屋を消毒したり、お風呂を別々にしたりと対策をしているのですが、それでも感染症にかかってしまいます。
どのようにすれば家族間での感染を防げるのでしょうか?

まずは大人が気をつける

8137回答:草川 功さん
子どもは自分の体調を理解することが難しいです。
まずは大人が手洗いやマスク着用などで、感染させないように、気をつけてください。
また、赤ちゃんの便にはウイルスが出ることがあるため、おむつ替えのあとは、手をしっかり洗うようにしましょう。

感染症のかかりやすさには個人差がありますが、体力が落ちているときはかかりやすいですよ。

ママパパ自身も自分たちの予防接種を確認する

8939回答:堀 成美さん
予防接種は子どものものだと思われがちですが、ママパパ自身が、自分が子どものときに受けるべき予防接種がすべて終わっているかを確認してください。

感染症は、自分の子どもからうつるだけでなく、病院の待合室などで、他の子からうつることがあります。
体調のよいときに、ママパパも必要な予防接種をうけることが大切です。


夏の感染症にはどんな特徴がある?

プールや海での感染症にはどのようなものがある? 予防法は?

感染症予防のための手洗いのポイントは?

デング熱はどのような症状が出る? 予防法は?

夏の感染症に対する心構えは?

こちらもおすすめ!

PR

×     閉じる