「赤ちゃんことば」はことばの発達上使わない方がいい?

クリップ
クリップ

2

2015/12/12

出典:すくすく子育て[放送日]2015/12/12[再放送]2015/12/18

「赤ちゃんことば」を使うことに賛成

中川 信子さん回答:中川 信子さん

「赤ちゃんことば」は、赤ちゃんが聞き取りやすい周波数をもち、なおかつ赤ちゃんがもうひとがんばりすれば、発音できるような音で成り立っています。
例えば、「ばんごはん(晩ご飯)」のことを「まんま」と言います。「まんま」は音節数も少なく、発音しやすい音なのです。「赤ちゃんことば」と使うと、ことばを話す時期が少しだけ早くなる可能性があります。

ことばの発達にとって、どうこう言うわけではなく、今のわが子に向き合うという意味で「赤ちゃんことば」を使うことに大賛成です。大人になる過程で、「赤ちゃんことば」は大人のことばへと自然に切り替わっていきます。
「赤ちゃんことば」を使えるお母さんは素晴らしいと思いますよ。

リズム感のあることばに関心を持ちやすい

遠藤 利彦さん回答:遠藤 利彦さん

「にゃんにゃん」「わんわん」「ブーブー」などの繰り返しのことばは、リズムがありますよね。また、「ん」が入ることで、跳ねている音になるので、よりリズムが感じられます。このようなリズムのあることばに、子どもは関心をもちやすいです。使わないようにするよりは、使ってあげるほうがいいと思います。


私の語りかけは伝わっている?

心やことばを育てるコミュニケーションのコツは?

子どもの1人遊びは放っておいてもいい?

戦隊ヒーロー好きな子どもにどこまで共感すればよい?

こちらもおすすめ!

PR

×     閉じる