スマートフォンなどを使った遊びで得られることと、物を使った遊びで得られるものは違うの?

クリップ
クリップ

2016/05/14

出典:すくすく子育て[放送日]2016/05/14[再放送]2016/05/20

物を使った遊びでは、子どもは仮説・実験・検証を行っている

遠藤 利彦さん回答:遠藤 利彦さん

子どもが物を使った遊びをするとき、子どもの頭の中では、科学者のように仮説・実験・検証が行われています。
例えば、ティッシュペーパーを出して遊ぶときなどは、「これを引っ張るとこうなるんじゃないか」といった仮説を子どもはたてています。その後、箱からティッシュペーパーを引き出すという実験をし、自分の仮説通りであれば、「当たった!」と検証します。
これは子どもにとって重要な学びです。こうした遊び方が、物を使った遊びでは、よくあることだと思います。
それに対し、スマートフォンやタブレットでの遊びは、「1人で動画などを見て、終わり」になってしまうと、あまりメリットが無いと言えます。しかし、スマートフォンやタブレットで流れている映像を見て、動きなどを真似してみるというのは、子どもにとって発達のプラス要素になる可能性もあります。


スマートフォンを使いすぎて、コミュニケーション不足にならない?

動画を見せていると、言葉を覚えるのが遅くなる?

スマートフォンの依存症 子どもの場合は?

タブレットとほかの遊びとのいいバランスの取り方は?

寝る前にスマートフォンを見せても大丈夫?


ママたちに聞いた「子どものスマートフォンの使用について」のアンケート結果をご紹介

どれくらい子どもにスマートフォンを見せていますか?1600人の調査結果!


こちらもおすすめ!

PR

×     閉じる