叱る基準がぶれてしまう。このような叱り方は大丈夫?

クリップ
クリップ

2

2016/04/16

出典:すくすく子育て[放送日]2016/04/16[再放送]2016/04/22

子どもを叱るときに、昨日言ったことと、今日言っていることが違うことがあります。そうすると、「昨日は怒られなかったのに、今日は怒られた。」と子どもが混乱している部分があるように思えます。
また、ひとつのことで叱っていたはずが、「この前も・・・」と前の話を持ち出してしまうこともあります。その度に反省はするのですが、叱るときに、こんなに感情をぶつけてしまっても大丈夫なのでしょうか?
(4歳8か月と、3か月の男の子を持つママより)

子どもは親の少々の失敗は多めに見てくれる

遠藤 利彦さん回答:遠藤 利彦さん

お母さん自身が、基準がぶれていることを自覚できていて、反省できているようであれば、修復できますよ。
また、子どもは親の少々の失敗は多めに見てくれるということが、最近の研究でわかってきています。最終的に自分の気持ちに応じてくれるのであれば、それまでの親の失敗は、多めに見てくれると言われています。お母さんが反省して、子どもの気持ちに応じて接しているのであれば、大丈夫だと思います。

ママのストレスが強い可能性がある。

汐見 稔幸さん回答:汐見 稔幸さん

確かに叱る基準がぶれてしまったり、前の話を持ち出して叱ったりするのは、子どもも困ってしまうと思います。しかし、お母さん自身がそのことがあまりよくないと気づいているのであれば、問題はないと思います。失敗したと思っても、引きずらないようにしてください。

また、そのように叱ってしまうということは、お母さん自身のストレスが強い可能性があります。
ストレスを発散することも大事だと思います。


子どもを叱るときのポイントは?

叱っていることは子どもに伝わっているの?

0歳の子にも叱れば伝わる?

感情的にならずに叱れる?


年齢別 叱り方のコツ

年齢別、叱り方のコツ。やってはいけないことを伝えたい!

こちらもおすすめ!

PR

×     閉じる