子どもはなぜ「人見知り泣き」をするの?

クリップ
クリップ

2015/06/13

出典:すくすく子育て[放送日]2015/06/13[再放送]2015/06/19

娘は生後3か月ごろから、私の姉に会うと必ず泣くようになりました。
他の人に会っても泣くことはないのですが、なぜか姉に対してだけ泣くようです。
どうして姉にだけ「人見知り泣き」をするのでしょうか?
(9か月の子を持つママ)

子どもに顔を認識する能力が身についてきたから

2757回答:榊原 洋一さん
「人見知り泣き」は、子どもが知らない人を見て、「この人は知らない人だ」と認識して泣くことです。
つまり、「ママやパパ」と「その他の人」を区別できるようになってきたということです。
これは子どもの発達において大事な成長のため、とても喜ばしいことです。

お姉さんに対してだけ泣くのは、子どもが混乱しているのかもしれません。
自分のママと顔や声がそっくりなお姉さんを見て、
「自分のママは1人しかいないはずなのに、この人はママにそっくり。この人は誰だろう」
と違和感を覚えているのだと思います。
顔を認識できる能力が身についてきたからこその「泣き」といえるでしょう。


「怖がり泣き」をする場合、怖がるものに慣れさせるべき?

乳幼児の泣きには意味がある?

こちらもおすすめ!

PR

×     閉じる