発達障害の診断がなかなかつかない。子どもにどう接すればいい?

クリップ
クリップ

2015/10/31

出典:すくすく子育て[放送日]2015/10/31[再放送]2015/11/06

感覚運動あそびが大切

星山 麻木さん回答:星山 麻木さん

発達障害は診断がつきにくいものです。診断がついていれば、その子を支援するときに非常に助けになることもありますが、発達障害と診断されている、されていないに関係なく、どんな子どもに対しても、接し方やあそび方の基本は変わりません。
例えば、子どもの気持ちや心を動かすような「感覚運動あそび」がいいと思います。

感覚運動あそびの例

・抱っこしながら揺らす
・くすぐる
・子守歌を歌う

子どもの気持ちや心を動かす感覚運動あそび

このように、「普通に遊ぶ」「一緒に感動する」というように、子育ての延長線にあるあそびで十分です。その子にあった丁寧なスキンシップや声かけ、反応のやりとりをするようにしてください。

診断によって、発達障害かどうかというレッテルを貼ることが大切なのではありません。接し方を心配し過ぎず、子どもとの時間を大切に過ごすことが大切です。



発達障害とは?

発達障害について相談できるところはある?

発達障害の子をもつママの悩み〜友だちとの距離感はどのように教えればいい?〜

発達障害の子をもつママの悩み〜もうすぐ小学校入学。どのように新しい環境に慣れさせればいい?〜

発達障害の子育て 先輩パパ・ママからのアドバイス

発達障害の子育て 保育園での対応方法

こちらもおすすめ!

PR

×     閉じる