赤ちゃん、何が楽しいの?:「何でも頭にかぶる」

クリップ
クリップ

2015/10/24

出典:すくすく子育て[放送日]2015/10/24[再放送]2015/10/30

娘はポーチやズボン、お菓子の空き箱など何でも頭にかぶります。
1歳を過ぎたころからものをかぶるようになりました。
ある日、娘がお菓子の空き箱をかぶった際に、「すごい!」と言って写真をとりました。
そのことがきっかけになったのか、それ以来、さまざまなものをかぶるようになりました。

かぶる行為を他の物に応用している

大藪 泰さん回答:大藪 泰さん

これは、人間が頭のいい動物だということを示している行動ですね。
ものをかぶることで、褒められ、「かぶる」という行為を覚えます。その覚えた行為を他のものも応用しています。この子の場合は、ポーチだけでなく、ズボンやお菓子の空き箱もかぶることができるのだと自分で考えて応用しているのです。
あるものを別のもので応用することは、人間に近いと言われるチンパンジーにもできないことです。この道具はこうも使えるけど、こうも使えるんだよと分かっているのですね。

親の反応を確認している

小西 行郎さん回答:小西 行郎さん

「これをかぶったらどんな反応をしてくれるかな?」というように、親の反応を試している面もあると思います。いつも「だめだめ」と言うだけでなく、親も赤ちゃんの立場になってみると、「おもしろいね」と思えることもあるかもしれません。


足をなめる、頭をかく、床をかく、首をふる…これらの行動には意味があるの?

「飛行機」や「ブリッジ」…体を反り返らせるのはなぜ?

何が楽しいの?:「開け閉めを繰り返す」

どうして音に合わせて体を動かすの?

親から見て不思議に思う赤ちゃんの行動はどのように考えればいい?

こちらもおすすめ!

PR

×     閉じる