子どもを誰かに預けずに、育児疲れを解消する方法は?

クリップ
クリップ

2015/09/19

出典:すくすく子育て[放送日]2015/09/19[再放送]2015/09/25

専業主婦である自分の仕事は育児と家事だと思っているため、できる限り1人でやりきりたいと思っています。
そのため、育児疲れはあるのですが、「子どもを誰かに預けて遊びに行く」というように、自分のために時間を使うことに罪悪感があります。
子どもを抱えたまま、育児疲れを解消する方法はあるのでしょうか?
(7か月の子を持つママより)

子どもと一緒にいる状態では、育児疲れはほとんど解消できない

大日向 雅美さん回答:大日向 雅美さん

「子どもが泣きわめく」「子どもが走り回る」「子どもが部屋を散らかす」というように、育児疲れの源は子どもです。その子どもと、いっときも離れずに、育児疲れを解消することはできません。
「子どもと毎日一緒にいて、毎日笑顔でいることはできない」とママが自覚することが、子どもを愛するための第一歩でもあります。

人の力を借りる勇気を持つ

倉石 哲也さん回答:倉石 哲也さん

現代のママたちは、「きちんと育児しなければ」「失敗が許されない」という強迫観念を強く持っているという研究データがあります。そのため、少しの間でも子どもを預けることに対して、罪悪感を持ってしまうのだと思います。
しかし、「人に預ける」「人に頼る」ということは、人間が生きていく上ではとても大事なことです。
人の力を借りる勇気を持ってください。

育児疲れをパパにわかってほしい。どうすればいい?

パパが育児の大変さをわかってくれない。どうすればいい?

「ひとりになれる時間がほしい」と思うのは自分勝手?

育児疲れを相談できる場所は?

こちらもおすすめ!

PR

×     閉じる