体の発達が遅いと運動神経も悪いの?

クリップ
クリップ

2016/09/10

出典:すくすく子育て[放送日]2016/09/10[再放送]2016/09/16

「運動の発達」の早さと運動神経は無関係

榊原 洋一回答:榊原 洋一さん

「運動の発達」の早さと、大きくなってからの運動神経は無関係です。そのため、歩き始めた時期がゆっくりでも、運動神経がいい子もいれば、早く歩き始めたけれども、あまり運動神経が伸びない子もいます。そのため、「今発達がゆっくりしているから将来の運動神経にも影響するのでは」と、心配する必要はありませんよ。
私の息子は歩き始めたのが1歳4か月くらいでゆっくりでしたが、高校生になったとき、陸上の選手をしていましたよ。

子どもの中には、チャレンジ精神旺盛で、まだちゃんと歩けなくても転んでも歩く子もいれば、慎重で、安定したと思わないと歩かない子もいます。そういった気質も、ある程度「運動の発達」のやる気に関係します。しかし、やる気があればいいというわけではありません。慎重なこともまた、それぞれの性格として、考えてください。


「寝返り」や「ハイハイ」「あんよ」、みんなより遅くても大丈夫?

「寝返り」などは練習をしたほうがいいの?

「運動の発達」の順番が違っていても大丈夫?

体の発達が早すぎるのは問題がある?


すくすくポイント

子どものやる気を引き出す働きかけ

子どものやる気を刺激する外遊びのポイントを紹介

こちらもおすすめ!

PR

×     閉じる