どのように運動を教えればいい?

クリップ
クリップ

1

2015/04/18

出典:すくすく子育て[放送日]2015/04/18[再放送]2015/04/24

親自身が運動することが苦手な場合、子どもには、どのように運動を教えればいいのでしょうか?

遊びの中で、運動の基礎をつくる

7665回答:鈴木 康弘さん
普段の遊びの中で、子どもに運動の基礎を作ることが大切です。
例えば、「とび箱」が跳べるようになるためには、「腕で体を支える」という基本の動きができていないと跳べるようにはなりません。
何かをするために必要な運動の基礎は、普段の遊びの中で、身につけることができるのです。
下記の遊びを参考に、運動を教えてあげてみてください。

■普段からできる「とび箱を跳ぶための基礎」を作る遊びの例

<クマさん歩き>
クマになったつもりで四つんばいで歩く。
自分の両手で体を支える動きを経験できます。
150418_04

<はちみつボール>
はちみつに見立てたボールを、子どもの前方に向かって転がし、クマになりきった子どもがボールを四つんばいで追いかけて取りにいく遊び。
「クマになりきって、はちみつを食べに行く」という設定をつけることで、普段は行わない「四つんばいで走る」という動きを楽しんで遊んでくれます。

<ぞうきん競争>
ぞうきんがけをしながら競争をする遊びです。四つんばいの動きでも、ぞうきんはすべりやすいため、上記の「クマさん歩き」よりも難易度が高いです。

親は「運動ができるように教えないといけない」と思わない

7665回答:大豆生田 啓友さん
子どもに運動を教えるときに、親は「運動ができるように教えないといけない」と思わないようにしましょう。鉄棒やとび箱などは「できなくてはいけない」と親の方がとらわれすぎているところもあります。
子どもが「やりたい」と思っている運動から始めるのがいいと思います。
子どもは5歳くらいになると、自分がやらない鉄棒などの運動を他の子がやっているのを見て、その運動をやりたいと思うようになることもありますよ。


運動能力を伸ばすには、どんなスポーツをさせるのがいい?

子どもが運動をやってくれないときはどのように対応すれば

こちらもおすすめ!

PR

×     閉じる