「いないいないばあっ!」親子で楽しむヒント ~まねね まねね~

クリップ
クリップ

2011logo

0から2歳児を対象に、直接働きかける「映像」と「音」で構成されている「いないいないばあっ!」。その映像と音で感覚を揺さぶることにより、こどもたちの持つさまざまな可能性と能力を引き出すことをねらいとしています。乳幼児の研究者や保育士、小児科医など専門家への取材も行い、親子がより豊かにかかわりあうきっかけとなるように工夫して制作されています。

そんな「いないいないばあっ!」を子育ての中で活用していただく時のポイントを紹介中!親子で番組を楽しんでいただく時のヒントになりますので、ぜひご活用ください。


第2回目の今回は、人気の「まねね まねね」コーナーについてご紹介します。
まねね1
このコーナーは、ゆきちゃん・ワンワンといっしょに赤ちゃんたちがまねっこ遊びをするコーナーです。楽しい音楽にあわせて、動物(ひよこやうさぎなど)や乗物(車やヘリコプターなど)のまねっこをします。お花になったり、風になったりすることもあります。
まねっこ遊びは、乳幼児期の子どもたちの想像力を育み、心身を発達させる助けになります。
今回はこの「まねね まねね」コーナーの楽しみ方について、番組の体操指導をされている藤原明美先生にお聞きしました。

藤原明美
藤原明美(ふじわら・あけみ)先生
日本遊育研究所専任講師。
各地の保育園・幼稚園・児童館などで、乳幼児向け親子体操や運動あそびの指導にあたる。
NHK Eテレ『いないいないばあっ!』、NHK BSプレミアム『おとうさんといっしょ』に、体操指導スタッフとして加わっている。他、保育者向け実技講習会・ファミリー向けイベントでも全国を意欲的に活動中。

0才も後期頃になると、表情・動作・言葉などをまねするようになり、子育ての喜びが増えてきますね!

まねっこ遊びに欠かせない要素の一つにオノマトペ(擬音語・擬声語・擬態語)があります。犬は「ワンワン」、うさぎは「ぴょんぴょん」、車は「ブーブー」といった感じです。

『まねねまねね』のコーナーでは、ゆきちゃんが必ずこれらを含めた言葉かけをしながら赤ちゃんたちを誘導しています。声に出すか出さないかで、遊びの楽しさは格段に違ってくるものです。
まねね2
とは言えまだまだ体の可動範囲が狭く、緩急強弱の差がつかない低年齢期は、動きの種類が多くはありません。例えば『ちょうちょ』と『ひよこ』。どちらも両手を羽ばたかせるように動かして表現してみると…ほぼ同じです。しかし「ひらひら」「ピヨピヨ」とオノマトペをつけるとどうでしょう。何のまねかがわかりますよね。まだ自分で声を発することのできない赤ちゃんにも、大人が積極的に声かけをすることがイメージ作りの第一歩!歌いかけるようにやさしく声をかけましょう。

また、絵本などでちょうちょが出てきたら一緒にまねをしてみるというように、視覚的な刺激もイメージの確立に一役買ってくれます。

さらには「ちょうちょさんが遠くまで飛んで行くよ、ひらひら~…○○ちゃんに止まった。ピタッ!」など、ふれあいながら移動を加えて全身運動に発展させてみましょう。
まねね3
まねっこあそびでパパママの遊びの幅がグーンと広がることを願っています!
「まねね まねね」コーナーは、番組「いないいないばあっ!」の中で、放送中です。
(毎回登場するわけではありません)

【ご注意ください】
※放送時間の変更や休止することがあります。
※番組に関する質問には、「すくコム」でお答えすることは出来ませんのでご了承ください。
ご意見・お問い合わせは、NHKオンライン「ご意見、お問い合わせ」(http://www.nhk.or.jp/css/)までお願いいたします。

こちらもおすすめ!

PR

×     閉じる