*いとうまゆさん 特別インタビュー* たった2つのベビーサインだけでも、赤ちゃんといろんなお話ができます

クリップ
クリップ

1

いとうまゆさんたいそうのおねえさん時代のいとうまゆさん

NHK Eテレ『おかあさんといっしょ』ゴッチャ!のおねえさんでおなじみ、タレントでダンス・インストラクターのいとうまゆさん。今回はベビーサイン親善大使として、育児に役立つベビーサインのことを教えてくださいました。今すぐ子育てに取り入れられる、かんたんで使えるベビーサインの動画もあります。お見逃しなく!

ベビーサインって、どんなものですか?

聞いたことはあるけれど、使ったことはないというママが多いかもしれませんね。
ベビーサインは、まだお話できない赤ちゃんと、簡単な手話やジェスチャーでコミュニケーションを取る、意思疎通をする方法です。
意思疎通ができるようになるまでには、少し根気がいるかもしれませんが、サインそのものは、とっても簡単なんですよ。

習ったことがないママでも、すぐに実践できますか?

もちろん! 今すぐ使えます(笑)
最初に覚えるのに適したファーストサインは ①もっと ②おしまい ③おっぱい ④ぼうし ⑤でんき、の5つです。なかでも使えるのが、「もっと」と「おしまい」 やってみせますね!

【動画でご覧ください】

 
この2つのサインは毎日の育児のなかでも、とくに使えるシーンが多いんです。
たとえば離乳食を食べているときに「もっと?」「おしまい?」とママは聞けますね。赤ちゃんも意味がわかってくると、「もっと!」「おしまい!」と、答えてくれるようになります。お風呂から上がる or もう少し入る、公園から帰る or まだ遊ぶ、など・・・ この2つだけで、かなりコミュニケーションが取れます。

ベビーサインを取り入れる良さは、どんなところですか?

まずひとつに、赤ちゃん自身がベビーサインを習得することで、意志を伝えられる良さがあります。意志を伝えられることで、泣きわめくことが減るという話も聞きます。
もうひとつは、サインで赤ちゃんの気持ちを知ることで、ママのストレスが減ることです。泣きながらサインをしてくれると、なぜ泣いているのか想像できますよね。”理由がわからずに泣いていたときと、ストレスがまったく違う” というママもいました。

ベビーサインを使うと言葉が遅くなるのでは?と言われることもあります。
でも、ベビーサインを使うことで、赤ちゃんの段階から自分の意志を伝える経験ができますし、モノに意味があるということも理解しますし、どちらかといえば言葉に興味を持ち、おしゃべりの語彙も増えると言われているんですよ。
「人の目を見て何かを伝える」ということを、前向きに捉えられるようになる、と私は思っています。

目を見て、というのもポイントなのでしょうか?

はい、ベビーサインはかならず目を見て、語りかけに手を添えます。手だけ、言葉だけ、ではなく、「もっと?」と目を見て語りかけながら、ジェスチャーをします。
また、1回の語りかけに、サインは1つだけです。いくつも入れてしまうと赤ちゃんが混乱しますので。たとえば「おむつ、こうかんする?」と聞きたいときも、「おむつ」と「こうかん」のサインを両方やってはいけません。

根気よく続けていると、そのうち赤ちゃんが「おむつ」とか「こうかん」のサインをやり始めます。これがもう、ほんとに可愛いんです。ただ、可愛いからといって無理矢理やらせないように(笑)、あくまでも会話のなかで、自然にやるようにしましょう。

ベビーサイン親善大使でもある まゆさん、これからの活動について聞かせてください。

ママを応援する活動をたくさんしていきたいです。ベビーサインは静止画では伝わりにくいので、今後は自分が娘にやっているところも含めて、いろんなサインを動画で伝えていこうと思っています。

それから、ベビーサインと合わせて、以前から続けている骨盤体操の普及にも力を入れたいですね。
前回もお話したように、私は今、搾乳で頭がいっぱい!の毎日なのですが、とくに夜眠いときなどは「よくないなー」とわかっていながらも、姿勢が悪いままおっぱいのケアをしてしまいます。

授乳、抱っこ…赤ちゃんのお世話で腰痛や肩こりなどに悩むママも多いですよね。そんなママたちに、少しでも元気になってもらいたいんです。ママの元気や健康意識は、そのまま子どもに伝わると思うので。自身がママになり、ますますそんな気持ちが強くなってきました!
 

(2015年10月19日取材)


いかがでしたか?
2回にわたって、ママになってますますパワーアップされた、まゆおねえさんのインタビューをお届けしました。いとうまゆさんのこれからの活動にも注目ですね!


【まゆお姉さんのブログ】

いとうまゆオフィシャルブログ「食べて踊って旅をして」Powered by Ameba
 
いとうまゆの100年女子会
100歳まで若々しく!女子であること、お母さんであることを謳歌したい人のブログです。

こちらもおすすめ!

PR

×     閉じる