「ワンワンとおでかけ!しんごうピカピカハンドル」1歳息子の反応は?by okaさん

クリップ
クリップ

「いないいないばあっ!」が大好きな、1歳の息子さんを子育て中のokaさんに、人気商品「ワンワンとおでかけ!しんごうピカピカハンドル」を使ってもらいました。

1歳の男の子の反応は?
どんな遊びができるの?
ベビーカーにつけてみるとどんな感じ?

レポートを紹介します!


今回我が家に届いたのは、「ワンワンとおでかけ!しんごうピカピカハンドル」。
そのままでも、ベビーカーにつけても遊べる2WAY。ということで、まずは、おうちの中で遊んでみました。

01

箱から開ける段階で、1歳3か月の息子は、興味津々。
スイッチを入れる前に、表から裏までひととおり確認していました。


1歳の男の子の反応は?

いざ、スイッチを入れると、ワンワンの声が!
息子のテンションもUP!

02

おもちゃには、9つも仕掛けがあるので、遊びながら、「あ、こんなしかけもあるんだ!」と親も一緒になって発見していきました。
息子が偶然ウインカーを動かし、音がでると、びっくり&にっこり。ワンワンのクラクションに気づくと、そこからはクラクションを連打していました。


どんな遊びができるの?

途中で、「いないいないばあっ~」というセリフが流れたときは、息子もいっしょに「ばあっ~」。適当に連打しているようで、ちゃんと流れてくる言葉、わかっているんですねー。
新しいおもちゃと出会うと、子どもの成長に気づかされます。

息子一番のお気に入りは、メロディスイッチ。3パターンの音楽が流れますが、“わ~お!”が流れると、うれしそうに、たてノリダンス!

まだ“わ~お!”の通りには踊れませんが、自分なりに、とってもうれしそうに踊っていて、家族みんな楽しくなります。親に音楽を流してもらうのではなく、自分で、ミュージックスタートさせていることに、得意げな表情。

つまんでエンジンをかけるのは、初日はまだちょっと難しかった様子。
数日遊んでいるあいだに、エンジンがかけられるようになり、親子で喜びました。
結構、手先の訓練になりそうです!


ベビーカーにつけてみるとどんな感じ?

次は、ベビーカーにつけておでかけ。最近歩きたがって、ベビーカーを逃げ出す息子ですが、ハンドルがあると、おとなしく座ってくれています。

03

我が家のベビーカーは、ガードが柔らかくてしっかりつけられなかったので、サイドの棒にベルトをつけて固定しました。

子どもがもって歩けるほど軽いので、ベビーカーにつけてもほとんど負担はありません。

外ではあまり音を出さないように、電源をOFFにしていましたが、それでも遊べる仕掛けがたくさん!
特にハンドルは、親が「右に曲がります」と声掛けしながらハンドルを切ってみせると、きゃっきゃと喜んで、真似していました。
ハンドルを動かしたとき、カチカチカチ、と音がするので、メロディや光がなくても、十分満足感があります。


04

電池を使うおもちゃは、遊び方が限定されるイメージがありましたが、音楽のバリエーションで楽しんだり、ハンドルやエンジンなど、一緒にごっこ遊びができるような仕掛けが多いので、長く楽しめそうです。


▼商品情報はこちらからどうぞ!



ワンワンとおでかけ!しんごうピカピカハンドル


▼こちらの記事もぜひご覧ください!

thumb_No5240PAC
「ワンワン」と楽しくトイレトレーニングできる!おまる・補助便座【商品紹介】

こちらもおすすめ!

PR

×     閉じる