知っておきたい!信用できるネット情報の探し方(3)いざというときに役に立つサイト

クリップ
クリップ

2

2017/06/21

出典:まいにちスクスク[放送日]2017/06/21[再放送]2017/06/28

講師:中山和弘(聖路加国際大学教授)

子育てしていると、いろいろと分からないことがでてきますよね?
そんな、困ったときに使いたいのがインターネット検索。でも、インターネットの情報は玉石混交。何が正しいのか、迷ってしまいますよね?
インターネットで信頼できる情報を探すコツを学んでいきましょう。

教えていただいたのは、信頼できる医療情報サイトについて研究している中山和弘先生です。

キーワードで検索すると多くのサイトが見つかりますが、その中から選ぶことは大変です。
インターネット上の情報は「頻度」に関する情報が欠落しています。めったにない病気でも、たくさんあるかのように書かれていることがあります。
というのも、インターネットの世界では、人が驚くようなことほど大々的に書かれ、当たり前のことは、あまり書かれない傾向があるからです。
信頼できない情報に振り回されないためにも、信頼できるサイトを知っておいたほうがいいでしょう。

そこで、いざというときに役に立つ、おススメのサイトを3つ紹介します。

こどもの救急(日本小児科学会)


http://kodomo-qq.jp/

子どもはよく夜間や休日に熱を出すことがありますよね。そんなとき迷うのが「今すぐ病院に行くべき」なのかどうか。インターネットで検索しても判断に迷います。

こんなときにおススメなのが、日本小児科学会が運営している「こどもの救急」です。信頼できる情報が網羅されていて、いざというときの判断の役に立ちます。

このサイトは「診療時間外に病院を受診するかどうかの判断の目安」を主に提供しています。対象は生後1か月から6歳までの子どもです。

使い方は、まず「気になる症状」の中から症状をチェック。例えば38度の熱があった場合は「発熱」にチェックします。

そして「生後3か月未満」「元気はある」など、あてはまる項目をチェックします。

「結果をみる」ボタンを押すと、「急患診療所に行くとよいでしょう」と出てきました。

急患診療所に行くときの持ち物や、発熱時に薬を与えるときの注意点も書かれており、慌てているママたちの強い味方になります。

赤ちゃん&子育てインフォ(公益財団法人 母子衛生研究会)


https://www.mcfh.or.jp/

育児情報を調べるのにおススメなのが「赤ちゃん&子育てインフォ」です。
厚生労働省の指導の下、公益事業を進めている公益財団法人母子衛生研究会が運営しています。知っておくべき最新のニュースが網羅され、専門家の意見が掲載されています。

子どもを事故から守る!プロジェクト(消費者庁)


http://www.caa.go.jp/kodomo/index.php

ケガを予防したいときなどにおススメなのが「子どもを事故から守る!プロジェクト」です。子どもの事故を防止する目的で消費者庁が運営しています。乳幼児に多い事故の例を見ていきながら、どうやったら事故の防止ができるのか書かれています。

いざというときは慌ててしまうので、あらかじめ信頼できるサイトを知っておきたいですね。


同じ週に放送された番組記事

まいにちスクスクの番組ロゴ
 
Eテレの育児情報番組「まいにちスクスク」でこれまでに放送した内容はこちら


こちらもおすすめ!

PR

×     閉じる