片桐仁の親子でねんどアート(1)ねんどを知ろう!

クリップ
クリップ

1

2018/02/05

出典:まいにちスクスク[放送日]2018/02/05[再放送]2018/02/12

今回のテーマは「ねんどを知ろう!」。
ねんどには、油ねんど、紙ねんど、樹脂ねんどなど、さまざまな種類があります。

講師:片桐仁(コメディアン・俳優)
絵が苦手な子でも遊んでいるうちに作品ができちゃうのがねんどの魅力です。
今回はカラフルで扱いやすいカラー樹脂ねんどを使った遊びを紹介します。遊びながらねんどアートを作っちゃいましょう!

ねんどの種類を知ろう!

<油ねんど>

油ねんどは、何度も繰り返し遊べます。
こねたり、形を作ったりしながら子どもの指先も鍛えられる良さがあるねんどです。

<紙ねんど>

紙ねんどは、乾燥すると固まるため、作ったものを作品として残したい場合に重宝します。
ビーズをつけたり、乾いた後に色を塗ったりできます。

<樹脂ねんど>

樹脂ねんどの魅力は、なんといっても色がきれいということです。
乾燥するのも早いため、短時間で作品を完成させることができます。

樹脂ねんどにさわって遊ぼう!

今回は、樹脂ねんどを使ってねんどアートを作ります。
まずは、樹脂ねんどにさわってみましょう!

ねんどは温めると柔らかくなり、扱いやすくなります。
ねんどをどれだけ長く伸ばせるか、「ねんど伸ばしっこ対決」をするのも楽しい遊びになりますよ。

樹脂ねんどで好きな色を作ろう!

樹脂ねんどは、複数の色を混ぜ合わせることでいろんな色のねんどを作り出すことができます。 
青色・赤色・黄色・白色のねんどを使って、絵の具のようにいろんな色を作ってみましょう。

色を混ぜるときは、片方のねんどでもう片方を包んで引っ張って混ぜてみてください。
中から色が出てきて、きれいですよ。

<色の混ぜ合わせ方の例>

混ぜ合わせるねんどのそれぞれの分量を変えるだけでも、色味が変わってきます。
色の組み合わせ方は無限! 子どもと一緒に試して遊んでみてください。


同じ週に放送された番組記事


まいにちスクスクの番組ロゴ
 
Eテレの育児情報番組「まいにちスクスク」でこれまでに放送した内容はこちら


こちらもおすすめ!

PR

×     閉じる