スマホ使用で、子どもの視力が低下したりしないように親が気を付けることは?

クリップ
クリップ

必ず親の管理のもと、適切な環境で、時間を守って見せるようにしましょう。

仁科 幸子さん回答:仁科 幸子さん

周りが暗い状況や、車内やベビーカーなどの動いている状況、姿勢の悪い状況で見せないこと。また、画面からは少し距離をとって見せるようにしてください。
視覚の情報は、両目の視線が合っていて、目の奥の網膜の中心部にきちんと焦点が合って、脳に届くのが理想的です。テレビやコンピューターなどの近業作業は、学童期でも30分までにして休憩をとるようにしたいですが、スマホは画面が小さいので30分でも長すぎると思います。
子どもは大人と違って目が疲れたと感じることがなく熱中し、目を酷使してしまいますので、大人が管理しない状況でスマホを見せるのは良くないです。
脳の情報処理の発達段階なので、何を見せるかを大事にして欲しいですね。5歳までは視野が狭く視力や両眼視機能も発達途上です。感受性の高いこの時期に、遠くのもの、近くのもの、動くもの、自然のものなど、いろんなものを見せてあげることで、視野が広くなり、遠近感も生まれます。


スマホ使用させることで、子どもの視力への影響はあるのでしょうか?

スマホの使用は、子どもの身体や発達に影響はあるのでしょうか?

何歳くらいから・どの程度の時間なら、子どもにスマホを使用させてもいいでしょうか?

スマホやデジタルメディアを子どもに使用させる際の注意点・アドバイスは?

こちらもおすすめ!

PR

×     閉じる